読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

余裕でもとは取れる電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」

8月3日に突如投入されたアマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービス

Kindle Unlimited」。
サービス内容は月額980円で約12万冊の書籍やマンガ、

雑誌などが読み放題になるというものです。

 

f:id:makanai55:20160818001951j:plain

 

今回は、このサービスを使ってみた感想をレポートしてみたいと思います。

決して安くはない月額980円、はたしてその価値はあるのでしょうか?

 

 

 

まずは蔵書数。Kindle Unlimitedでは約12万冊の本が読めるということです。

これは「多い」のか「少ない」のか?

数字的に近いのは書店よりも図書館みたいです。

市立、区立の中規模図書館の蔵書数が10万冊前後ということなので、

このあたりをイメージするとKindle Unlimitedの規模感がつかみやすいかもしれません。

 

f:id:makanai55:20160818002016j:plain

 

それと出版社によって参加していたり、

していなかったりということがあります。

当然不参加の出版社の本は1冊もありません。

大手では講談社小学館らが参加、

不参加は集英社KADOKAWAグループとなっています。

 

また、ラインナップの大半は小説や実用書などの書籍で、

マンガはあまり数が多くないようです(公式発表では約3万冊)。

雑誌分野は240誌以上と、数は豊富です。

私がよく買っている雑誌がこの中に入っていたのでうれしかったです。

雑誌って一冊1000円以上するものも多いので、それだけでお得感が高まりますよね。

 

 

ちょっとどうかなぁと思わされてしまったのが、主にマンガです。

途中まで読み放題対象という作品がかなり目立ったことです。

全10巻のうち、最初の3巻までが登録されているといった具合です。

これだと、よくある期間限定の無料キャンペーンとあんまり変わらないような・・・。

 

あと注意しなければいけないのが

同時にダウンロードできる札数が10冊までという数に限りがあることです。

11冊目以上は10冊の本のどれかを削って

入れるというやり方がわからずに困惑しました。

 

他のサイトでも紹介されていたのですが

amazonの「欲しいものリスト」を使って読みたい本を

リスト化することでだいぶ使いやすくなります。

 

総評

後半になるにつれて少しマイナスなこともかいてしまいましたが

全体評価としてはとてもコスパも高く満足を得られるサービスだと思います。

気兼ねなく本を買いあされる感覚はとても新鮮でした。

とりあえず興味がある本が何冊か見つけられることができたら

Kindle Unlimited」はかなりおすすめです。