読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

今回の主役はロッキーじゃない!?アポロの息子が主人公のスピンオフ作品「クリード」

映画やアニメ等の感想とコメント

 

 

あらすじ

アドニス・ジョンソンはアポロ・クリードの息子であるが、

愛人との間の息子であり、

さらには生まれる前に父・アポロはリング上でこの世を去ったため、

彼は父親のことをあまり知らなかった。


しかし、ボクサーとしてのアポロの血は、アドニスにも受け継がれていた。

実母の死後、里親や施設を転々としていたアドニスは、

アポロの本妻メアリー・アンに引き取られた。

アドニスは何不自由なく暮らすようになり、

就いた 仕事も若くして昇進するほどの有能ぶりを発揮していたが、

父と同じプロボクサーの道を進むため、仕事を辞めて家を離れていく。

 

フィラデルフィアへと向かい、そこで余生を送っていたロッキーを訪ねる。

父・アポロのライバルであり親友だったロッキーにアドニスは、

自分のトレーナーになってほしいと頼み込む。

ロッキーは最初断るものの、アドニスに偉大なボクサーの素質を感じ、

その依頼を引き受けるのだった。(Wikipediaより)


映画『クリード チャンプを継ぐ男』DVDリリース記念特別映像3

 

感想


最初、アポロの息子が主人公ってきいて、

あれ?だいぶ年が違うような・・・と思っていたら、

愛人の息子という設定だったので納得しました。

アイデンティティの確立や葛藤

愛人の子という生い立ちへの負い目。

能力だけを見れば頭も良くルックスも悪くないし

普通に映画内でも彼女をスマートに

食事に誘ったりとコミ力もある。

 

 

 

完全リア充なやつなんですが

まさに悩みはひとそれぞれなんですね。

たとえ端から見たら優秀でも

心にどんなものを抱えて生きているかなんて

その人と密な関係にならなければわからないことです。

主人公のアドニスはボクシングに惹かれるというよりも

亡き父への愛憎入り混じった思いに

答えを見出す方法がボクシングだったのかもしれないなと

感じました。

 

余談ですがアドニスへのロッキーのトレーニング方法が

ロッキー1でミッキーに教えてもらった

鶏を捕まえるトレーニングがでてきてほっこりしました。