読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

お金が貯まる財布の7つの法則

ライフハック

よく、お金持ちは長財布を使うとか、

財布の値段の100倍が年収になると言った話を聞きますが、
 これらは本当なのでしょうか?

 

 


 

実は、財布にはお金を貯めるための法則があり、

その法則にのっとれば、お金が貯まるらしいのです。
 そこで、どんな財布の使い方をすれば、お金が貯まるのかを紹介したいと思います

①長財布がいい
 
お札をおらないように入れる。そうなると長財布ということになります。
 二つ折りの財布だと折りたたむ形になって窮屈だという理屈です。
 お金が気持ちよくはいれる環境が大切ということで
 カードやレシートがパンパンに入っているのもダメです。
 パンパンになりにくくするために、

元々から小銭いれがついてないタイプを選ぶのもありです
 
②小銭入れを持つ
 
財布がパンパンにならないようにするためです。
 
③レシートやクレジットカードを入れない
 
プラスチック製のカードなどは、運気をさげるようなのです。
 なるべく入れず、型くずれしないキレイな財布を心掛ける
 もしカード入れを使う場合は8枚はいるものを選びましょう
 8は末広で縁起がいいんです。そのうち1枚は金色のカードを
 入れておくと運気がアップするらしいです
 
④財布の色は黒・茶が金運が安定する。
 
風水などで金運といえば黄色とかですが、黄色はお金の入りもいいんですが、
出て行くのも激しいのです。
黒はお金を落ち着かせる効果があるので

無駄遣いや衝動買いを抑える効果もあります。


 

⑤財布の素材としては牛革が一番
 

牛には豊かさの象徴という意味があり、
牛革は蓄財という意味があり、

牛革の財布にはお金をためてくれるパワーがある
 

⑥お札の向きをそろえて、肖像画が見える方を上にする。

そして必ず肖像画の頭からお財布に入れるようにする。

(頭の方をしたにしていれる)
 お札の向きがそろっていないと、

お札が仲間外れにされたと感じて出て行きやすくなります。
 また、紙幣の顔が、財布の出口側にあると、

お金が出て行きやすくなるので、逆向きに入れましょう。

 
⑦財布の保管場所は暗い場所にしまう
 
お金は暗い所で増えるという性質があるらしいので、

金庫や押入れ、冷蔵庫などにいれたりするといいのではないでしょうか。