読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

日本の葉巻型クッキーUAEで「世界一おいしい」と大評判

話題

サクサクのクッキーが葉巻のようにくるりと巻かれ

バターの豊かな香りが特徴の洋菓子「シガール」。

 

 

 
ヨックモック(本社・東京都千代田区)が百貨店などで40年以上前から販売している定番の商品だが、
近年、砂漠の国である中東のアラブ首長国連邦(UAE)で大人気だそうです。
 
ちなみにヨックモックがUAEのアブダビに1号店を出店したのは
2012年10月。

家電販売などを手がける現地のパートナー企業の経営者から

「世界で一番おいしいクッキーを中東で広めたい」

と誘いを受けたのがきっかけ。

栃木県日光市の工場などで製造したものをそのまま空輸しているため、
価格は日本の2.5倍程度。
シガール20本入りで110ディルハム(約3500円)とやや高価だが、

100個以上購入する客も多く、
「スーツケースに入るだけ売って」とまとめ買いする客も現れるほどです。

 

 

 

 




 なぜ中東で甘いお菓子が人気なのか。UAEなど中東諸国ではイスラム教の戒律でアルコールを飲まない。
そのため、甘いお菓子を食べることは娯楽の一つなのかもしれませんね。
ちなみに、欧米の菓子店も参入しているが、
日本製ならではの繊細な口当たりや香りが

現地の富裕層の心を掴んでいるということです。
 
接客も日本流を持ちこんでいて、日本語で「いらっしゃいませ」と客を迎え、商品について丁寧に説明して販売します。
購入した商品を奇麗な包装紙で1ケースずつ包むこまやかさも好評のようです。

これを機に久しぶりにシガールをたべてみるのをいいですね。