まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

サスペンス映画だけど最後まで見ると印象がかわる映画「ゲーム」

 

デヴィッド・フィンチャー監督作品のサスペンス映画
 

 

 

あらすじ
 
主人公は会社経営者として莫大な富を手にしている男。

仕事以外に楽しみはなく、家族とも疎遠ではないものの、当たり障りのない会話くらいしかできず、大きな屋敷に一人暮らしの孤独な生活。

そんな毎日につまらなさを感じてもいた。

 ある日、弟から誕生日のプレゼントとしてCRS社の会員証を受け取ることに。
 
その後、ふと見つけたCRS社のオフィスに足を運ぶと試しにゲームに参加するように誘われる。
 
 軽い気持ちで了承し、ゲームに参加することになるが、周りで次々と不思議な事件が起きるようになる…。

 ゲームの正体とは何か。何を狙っているのか。ゲームの出口に待ち受けるものとは…。
 

最初見た時はまんまと騙されました
 
でもこの映画は二度目以降に見ても大変面白い映画です

ただのサスペンス映画ではおわりませんよ。
 
自分がどこで騙されたのかとか、後半にでるあの人物が意外と最初の方にいるとか
 
一度目には見えなかったことがいろいろみえてきます