読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

成功者はみんなやってる!?音楽をやっている方が成功しやすい理由

Microsoft創設者のポール・アレンGoogle創設者のラリー・ペイジ

アカデミー賞最多ノミネートの映画監督ウディー・アレン、

そして監督のみならずプロデューサーとしても大成功を収めている

スティーヴン・スピルバーグなどなど・・・。

f:id:makanai55:20150415215125j:plain

 

成功した彼らには、ひとつの共通点があります。

実は全員が音楽をやっていたということなんです!

彼らはみな、楽器を演奏できます。彼ら以外にも、

社会的に成功した人々には驚くほど音楽を勉強したひとがおおいといいます。

音楽を勉強することは、どんな影響をもたらすのでしょう!?

 

 

 

 

f:id:makanai55:20150415215859j:plain

 

1・表現を学ぶことでクリエイティブになる

 

音楽は音を表現すること。

言葉以外で自分を表現する手段を持つ人は、考え方が柔軟になり、

人と違う発想をしやすくなります。

 

2・リズム感を養うことで仕事が早くなる

 

リズム感が役に立つのは何も音楽だけとは限りません。

仕事をするときにも、リズムを感じながら作業を行う方が効率が上がります。

 

3・IQが高くなる

 

 

トロント大学のE・グレン・シュレンバーグ教授(心理学)は、大学生を132人を選び、キーボードor歌orドラマのどれかを一つ習うか、何も習わないの4グループに分けます。 グループごとにIQを測定したところ、いずれかの音楽をならっていたグループのほうが、何もしなかったグループよりIQの数値が上昇したという話です。

さらに、6歳くらいまでに音楽をはじめたほうが、 IQを上げる効果が高まるそうです。

 

4・演奏すると免疫力が高まる

 

音楽を聴いて気分が良くなると、生理学的な変化が起こり、

ストレスの軽減や免疫力アップにつながるらしいです。

さらに、自分が好きな曲を演奏するほうが、ストレスホルモンのコルチゾールの値が

下がり、免疫力が高まるという話です。

 

5・歌が上手いと会話もうまくなる!?

 

会話も音楽と同様、音による情報です。音楽を習うと話を聞く力も育てられ、コミュニケーション能力が高まります。

子どもの場合、話したり読んだりする能力を身につける時はリズムに乗って

捉える傾向にあります。

赤ちゃんコトバを卒業し、言葉を覚えたての頃は、単語やフレーズの音節を無意識的に感じとって言語として認識していっているのです。

 

6・自制心が強くなる

 

演奏が上手になるためには練習をしなければなりません。

目標にむけて、自分をコントロールし、努力する力が育てられます。

2015年1月にバーモント大学の研究で発表された内容だと、

楽器の演奏を学ぶ子どものほうが、自分の心のマネージメント能力に優れているという結論もでています

 

7・集中力が高くなる

 

音楽を演奏するときは集中しますよね。

一つのことに集中することを学べれば、他の仕事や作業でも活きてきます。

 

8・協調性が高まる

 

 

音楽はひとりで演奏する曲でも、複数の旋律でハーモニーを作ったりできますよね。

他の人と一緒に演奏するときは、ハーモニーを大事にするので、協調性が高まるのです。

 

9・記憶力が上がる

 

楽譜を覚えたり、音の出し方を覚えたり・・・。

音楽では覚えることがけっこうあります。

暗記するコツを覚えることで、他のことでも記憶力が高くなるはず!?。

 

テキサス大学の調査で、楽器のレッスンを受けた人と受けなかった人との比較調査を行ったところ、レッスンを受けた人ほど、譜面を記憶している時間が長いという調査結果がでています

 

10・向上心が高まる

 

完璧な演奏にはなかなかたどりつけません。

だからよりよい演奏を目指して努力するようになりますよね。

目標を今よりも高く持つことで向上心が高まっていきます。

 

いかがだったでしょうか!?音楽はなによりも自分を自由にしてくれる作業でもあるわけですから、クリエイティブにもなりますし、ストレス解消にもなる、

現代の万能薬ともいえますよね(^o^)