読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

旧作をしっかりとリメイクさせて蘇らせた「映画ドラえもん 新・鉄人兵団」

こちらのドラえもんは以前に作られた映画、鉄人兵団のリメイクになります。

この映画は映画上映時期が東日本大震災とかぶってしまい、 興行収入があまりよくなかったみたいですが、

作品そのものは昨今の映画ドラえもんリメイクの中では1番よくできています。

 

あらすじ

ドラえもんのび太が巨大ロボットがほしいってわがままをいってからはじまる、おきまりの進み方からはじまっていきます。

よこくをみたほうが早いかもしれないですね(笑)

 

感想

見る前まではピッポというオリジナルキャラが追加されているのが、すごく不安でした。

しかし、今回は新キャラでもしっかりとストーリーに絡んでくるキャラで、リルルに加えて、ピッポの追加により、のび太たちとの出会いによって得た 心情変化が丁寧に描いているので、気持ちが入っていきやすいです。

原作ではさらりとしか触られなかったリルルたちの故郷、メカトピアの社会情勢 も書き足されてリルルたちの存在の深さがでています。

やはり映像の迫力が全然上がっています。 終盤のロボットの戦闘シーンはエヴァ並みの迫力。見応えありです。

演出や構成などをみても旧作よりも今回のほうが 全体として完成度が高いと感じております。

ちなみにカットされている物としてはほぼミクロスの存在が全カットになっています。

スネオが作ったラジコンロボットで新ではのび太がロボットがほしいというきっかけになったロボットです。

旧ではドラえもんがミクロスを喋れるようにしたりするのですが、新ではカットされています。個人的意見としてはミクロスがいなくてもストーリーになんら問題ないので、私個人としては 別にきになりませんでしたしたよ。