まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

宇宙をリアル体感できる映画「ゼロ・グラビティー」

あらすじ

地表60万メートルも離れた宇宙でミッションを進行していたライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。

すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出されます。

地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。         

                           シネマトゥディより

 

 

 

感想  

宇宙で起こりえる事故をふんだんに盛り込んだSFパニック映画とでもいうのでしょうか。   小さい頃に宇宙飛行士になりたいという夢を書いたりする子がいると思うんですが、この映画見たら「宇宙怖っ!!絶対死ぬじゃん!」てなるんじゃないかなってくらい怖いです。

宇宙ではこんな危険がはらんでいるんだよって事がいろいろおこります。

しかもそれが、現実に起こりうる事故を想定したものを映画の中で、立て続けに事故がおこるんで、最初から最後まで緊張感も半端ないです。  

それと宇宙では基本無音状態という事実にもとづいてなのか、音楽はほぼ流れていません。 効果音とアクシデントでの盛り上げの場のみの部分的な音の強調だけなんですが、

これが逆に効果的な役割をしていて、臨場感と緊張感をもりあげています。

見どころポイントとしてはやはり宇宙から見た地球の映像   これはとても美しい。

思わず映画なのに本物のように思えるくらい感動します。宇宙空間を映画でよくこれだけ表現したなと思えるほど映像に凝っています。

どうやってこの映像撮ったんだろうって思うくらい宇宙空間の映像はよくできていて、  本当に宇宙にでもいって映像を撮ったんじゃないかってくらい   よく作られてるなーと感じるほどでした。

補足

この映画の感想は映画館でみた感想です。私はDVDでは鑑賞しておりません。 3D映画で、真っ暗な空間と大スクリーンだから得られた感動やスリルなのかもしれません。

ですので、ご自宅でみる際には、TVではなくHMD(ヘッドマウントディスプレイ)での鑑賞をしていただければ映画館で得られた雰囲気がつたわるのではないかと思います。

(たしかDMMでソニーHMDがレンタルできるはずです。)