まかないのきままにコメントブログ

自分が見たこと、聞いたことを忘れないようにする目的で書いてますです^^;

アメリカンじゃないロボット映画「パシフィックリム」

あらすじ 地球の海底から突如として現れる怪獣。

この怪獣を倒すために人類が作り出したロボット「イエーガー」にのりこみ

怪獣とどつきあうアクションSF映画です。

 

 

 感想

日本のロボットアニメが好きなら見て損はないと思います。

ロボットアニメのお約束的な展開がてんこ盛りだからです。

例えばライバルとの確執と友情、ロボットの必殺技(ロケットパンチ)とか   主人公の挫折からの復活などなどです。

作品の監督である、デル・トロ監督が日本のアニメや怪獣映画などが大変好きということで、 日本のSFへの愛を感じる作品となっております。

なぜそう感じるかというと、アメリカ人が作った日本作品での感想 「これじゃない・・・」がほとんど感じられないから。

日本のアニメやSFとかではよくある描写や演出もさることながら、 ロボット、怪獣のディティールにいたるまで、オリジナルへの敬意を感じます。

本当にロッボット愛、怪獣愛、日本SFへの愛にあふれた作品です。

この映画に対し一つ残念なのは、日本から、さらに上をいくロボット映画を作ることが現在不可能なことです。

日本ではこれだけの大予算を組むこともできないし、 たとえ組めたとしても、あれだけ愛にあふれた作品に仕上げるのは難しいんじゃないかなと個人的には思います。

見たいものを見たい形で敬意をもって作る。その姿勢に感謝を感じてしまいます。

 

補足

日本語翻訳での声優さんがとても豪華です。ロボットアニメの大御所さんたちが演じているので   あえてこちらでの鑑賞をおすすめします。

それと個人的な見どころとして、ラストのスタッフロールまでちゃんと見て欲しいです。

イエーガーの映像と音楽がめっちゃくちゃかっこよくて、最後まで興奮させてくれます

 

パシフィックリム2も製作が決定されているので是非、アニメ好き、SF好きな方なら純粋に楽しめる作品なのでみてください。